【悠也】「あ、あのさ……」

【瑞希】「……?」

【悠也】「俺っ……」

【瑞希】「はい、何でしょうか?」

 瞬間……空が、鮮やかに輝いた。

【瑞希】「きゃっ!?」

 不意に、目の前で花火が轟音を鳴らし、音羽は驚き身を縮めた。