【リィズ】「あのね、悠也……もう大丈夫だからっ……動いて……」

【悠也】「だけど……」

【リィズ】「大丈夫だからっ……」

 リィズの気持ちが、リィズが俺を求めていることがはっきりと伝わってくる。

 リィズは、痛みよりずっと強く、俺を求めてくれていた……