彼女の凜とした視線は、今まさに俺に向けられている。

【悠也】「……」

 だからどうということも無い。

 そのハズなのに……俺はなぜこんなにも胸を高ぶらせているのだろうか。

【少女】「……あ、あの……?」